ちゃんと応える医療保険EVER

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

EVER
(アフラック)

一生涯続く“病気(がんを含む)・ケガ”や重大疾病に備えたい人へ

アフラックから、重大疾病にも強くなった医療保険が新登場!一生涯続く“病気(がんを含む)・ケガ”や重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に対する保障を備えたい人にぴったりの保険です。24時間健康電話相談サービスやセカンドオピニオンサービス、治療を目的とした専門医紹介サービスなど、治療費以外の不安・悩みもサポートしてくれます。

EVERのキャプチャ

引用元:EVER
http://www.aflac.co.jp/iryo/cever/

EVER(アフラック)の特徴

入院・通院にしっかり備えられる!

アフラックは、日帰り入院など短期の入院をしっかり保障。5日未満の入院なら、日帰り入院の場合でも一律入院給付金日額×5日分を受け取れます。また、「通院ありプラン」なら、入院前60日以内の通院も保障!さらに退院後120日以内の通院まで保障してくれます(入院前後の通院給付金の支払い対象期間中最高30日まで)。もちろん、日帰り入院など、短期入院後の通院治療も安心して受けられます。

三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)にも手厚く備えられる!

特約を付けることで、三大疾病にも手厚く備えられます。三大疾病にかんする特約は3つ。1つめは「三大疾病一時金特約」で、三大疾病になった場合の治療費や当面の生活費をカバーしてくれます。2つめは「三大疾病保険料払込免除特約」で、三大疾病で所定の状態になったときに以後の保険料が免除されます。そして3つめは「三大疾病無制限型長期入院特約」。病気・ケガの入院は365日まで、ただし三大疾病による入院は日数無制限で保障してくれるというものです。

約1,000種類の手術を保障!先進医療にも備えられる!

入院中の手術はもちろんのこと、外来による手術や、放射線治療を受けたときにも保障を受けることができます。さらに特約(総合先進医療特約)を付加することで、先進医療を受けたときに、1回につき自己負担額と同額を保障してもらえます(支払限度額は通算2,000万円まで)。

EVER(アフラック)の保証内容

病気やケガによる入院(日帰り入院を含む)・手術はもちろん、放射線治療や先進医療、入院前後の通院までしっかりと保障してくれます。また特約のオプションを加えることで、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)など治療が長引く病気にも、手厚く備えることが可能です。

入院に関する給付金

支払
事由

病気・ケガの治療を目的として入院したとき。病気・ケガそれぞれ1回の入院につき最高60日(120日型の場合は120日)まで、通算1,095日まで。

給付金名と支払われる金額

  • 疾病入院給付金/災害入院給付金
    入院日数5日未満の場合、一律入院給付金日額×5/入院日数5日以上の場合、入院給付金日額×入院日数

手術に関する給付金

支払
事由

がん(悪性新生物)に対する開頭・開胸・開腹手術や心臓への開胸術など所定の手術を受けたとき。回数無制限。/病気・ケガの治療を目的として所定の手術を受けたとき。一連の手術については14日間に1回、回数は無制限。

給付金名と支払われる金額

  • 手術給付金
    上記前者の場合、1回につき入院給付金日額×40/上記後者の場合、入院中の手術1回につき入院給付金日額×10、外来による手術1回につき入院給付金日額×5

放射線治療に関する給付金

支払
事由

病気やケガの治療を目的として、所定の放射線治療を受けたとき。入院をしなくても60日に1回、回数無制限。

給付金名と支払われる金額

  • 放射線治療給付金
    1回につき入院給付金日額×10

先進医療に関する給付金

支払
事由

病気やケガで、所定の先進医療を受けたとき。

給付金名と支払われる金額

  • 先進医療給付金
    1回につき先進医療にかかる技術料のうち自己負担額と同額を、通算2,000万円まで保障。

特則・特約

  • 疾病・災害通院給付金(通常)(通院ありプラン)
    疾病入院給付金・災害入院給付金が支払われる入院の原因となった病気・ケガの治療を目的として通院したとき(往診を含む)、病気・ケガそれぞれ1回の通院給付金の支払い対象期間中、最高30日まで・通算1,095日まで1日につき特約給付金額が支給されます。
  • 三大疾病一時金特約
    がん(悪性新生物)の場合は、初回は初めてがんと診断確定されたとき、2回目以降はがんと診断確定され入院したとき、急性心筋梗塞・脳卒中の場合は、治療を目的として20日以上入院、または所定の手術を受けたときに、2年に1回を限度に回数無制限で、1回につき特約給付金額が支給されます。
  • 三大疾病無制限型長期入院特約
    三大疾病の治療を目的として入院給付金支払限度日数(60日)を超えて入院した時には日数無制限で、またそれ以外の治療を目的として限度日数を超えて入院した時には365日まで、入院給付金日額×日数が支給されます。(※保険期間は10年間)
  • 生存祝金特約
    15年満期(自動更新)で、3年ごとの契約応当日に生存している時、1回につき3万円の生存祝金を受け取ることができます。

ちゃんと応える医療保険EVERのメリット・デメリット

メリット

大きなメリットとして挙げられるのが、がん保険や医療保険でそれぞれナンバーワンの契約件数を誇っているアフラックによって提供されている保険だということ。

また、入院だけでなく、日帰り入院や短期入院などもしっかり保障してくれます。入院前後の通院保障も手厚く用意されているので、総合的に何かあった時にカバーしてくれる保険だといえるでしょう。

それから、この保険は何度か改定を繰り返しているのですが、そのたびに保障が少しずつ充実してきているので、今後は更に充実していく可能性も高いといえるでしょう。

また、特約を付けることによって保障内容を更に充実させることができます。例えば、1入院あたり最低365日保障されるようになるのです。

近年は入院日数が短く済むようになってきましたが、だからといって長期間の入院が絶対にないとは限りません。このように、しっかりと長期間にわたって保障してくれる保険は嬉しいですね。

通院保障が充実しているのも見逃せません。
通院保障が充実しているのもこの保険の魅力です。例えば、5日未満の入院で済む方も増えていますが、この場合でも一律で5日分の入院給付金を支払ってくれるのです。

デメリット

長期の入院にも備えられる保険だとご紹介しましたが、この特約は10年更新タイプとなっています。そのため、10年ごとに保険料が少しずつ上がる点についてはしっかり押さえておかなければなりません。

また、この保険の最も大きなアピールポイントといえるのが日帰り入院や入院前後の通院を保障していることなのですが、これ自体も大きなメリットに感じない方もいるようです。ほとんどの場合、日帰り入院や入院前後の通院はある程度貯蓄がある方はそちらで賄えるはずなので、他の保険の方が魅力的に感じることもあるでしょう。

それから、再入院に関して注意しなければならないことがあります。それは、180日以内に再入院をした場合、通算して1回の入院扱いになるということ。

5日未満の入院だったとしても一律で5日分の入院給付金がもらえるとご紹介しましたが、例えば1回目の入院から3日間で5日分の給付金を受け取り、それから180日以内に今度は2日間の入院をした場合、これらを合計して5日間という扱いになるため、2回目の給付金は受け取れません。

更に注意しなければならないこととして、1回目に入院した時とは別の病気やケガが理由で2回目に入院したとしても180日以内だった場合は1回と計算されてしまうのです。

それからもう1つ。三大疾病無制限型長期入院特約を付けることによって病気やケガの場合は365日間で補償されるようになり、三大疾病に関しても無期限に延長されるのが魅力なのですが、これは特約を付けた場合の話です。

特約をつければその分料金が高くなるわけなので、この点については注意しておきましょう。他の医療保険の中には入院の延長が基本保障になっているものもあるのです。

加入者の口コミ

支払いが早かったので助かりました

万が一のことを考えて加入していたのですが、すぐに利用することに。入院給付金が非常にスムーズに支払われたのでよかったです。また、医療サポート系が充実しているのも魅力だと思いました。わからないことを専門家に相談できるので心強いです。

安心して手術を受けられた

いろいろ問い合わせをしましたが、対応が非常に良く、親切だったのが嬉しかったです。実際に手術をすることになってしまいましたが、その時も素早く対応してもらえました。料金も安く続けやすいです。

大手だから安心して契約できました

加入するならやっぱり大手がいいと思い、こちらを選択することに。大手ではありますが保険料も安く、対応もしっかりしていると感じています。保障内容も充実しているので満足。対応も丁寧です。

知人のすすめで加入、ここにして良かったです。

営業の方がとても丁寧に話をしてくださり、自分に合ったプランを選ぶことができました。ひどい風邪で入院したのですが、コールセンターの受け付けも親切で、給付金の振り込みも早く驚いたほどです。

契約情報

契約年齢範囲 0歳〜満85歳(定額タイプ)
保険期間 終身
払込方法 口座振替払、一部商品についてはクレジットカード払。

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用

「実費補償型医療保険」
「日額型医療保険」
医療保険を徹底比較!