朝日生命をリサーチ!【医療保険の評判・口コミまとめ】

朝日生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  朝日生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

朝日生命のキャプチャ

引用元:朝日生命
http://www.asahi-life.co.jp/

朝日生命

長い歴史を持つ老舗の生命保険会社。

1888年に帝国生命保険株式会社としてスタートし、2回の合併を経た後、1947年に「朝日生命保険相互会社」に組織・社名を変更した生命保険会社です。古い歴史を持つ老舗の保険会社であり、知名度も高いでしょう。現在販売を行なっている医療保険商品の中で代表的なのは、“選べる・変えられる・進化する”がキャッチコピーの「保険王プラス」です。

朝日生命の特徴

大手と中堅の間にランク付けされる生命保険会社

明治時代からの長い歴史を持つ朝日生命。もともとは生命保険会社の大手4社(第一生命・日本生命・住友生命・明治安田生命)に次ぐランクの大手生命保険会社でしたが、現在は業績の悪化により、大手と中堅の中間ぐらいのランク付けになっているようです。個人向けには、主力商品の「保険王プラス」シリーズをはじめ普通終身保険、普通定期保険、普通養老保険、個人年金保険、生存給付金付定期保険、新こども保険など幅広く販売。法人向けにも普通定期保険「プレステージ」など多くの生命保険を販売しています。

目的やニーズに合わせて選べるさまざまな保険商品

朝日生命では、それぞれのライフステージに合わせて最適な保障を備えることができる「保険王プラス」「やさしさプラス」をはじめとした各種保険商品が用意されています。医療保険でとくに人気なのが「保険王プラス」。自分に必要な備えのみを選択して保険を組み立てられるのがポイントで、保険加入後に備えておきたいものが変わった、あるいは新しい保障を加えたいといった場合には、簡単に保障を変えられるという便利な保険商品です。

満足度向上&サービス向上に向けた積極的な取り組み

朝日生命では、満足度の向上を目指して、社長を委員長とする「お客様満足度向上委員会」を設置。この委員会を通じて、さまざまな経路から寄せられてくるお客様の声や、日頃の顧客対応を行っている職員の声に基づき、サービス充実に向けた改善策を検討・実施しています。また平成21年には、直に顧客と接する現場において職員が知恵を出し合い、抜本的に業務を見直すことによって生産力の高い・強い現場を実現するべく、社長を委員長とした「現場力向上プロジェクト推進委員会」も設置。現場でのサービス向上に向けた取組みを推進しています。

朝日生命の医療保険はこんな人にオススメ

朝日生命は1888年から続く、生命保険会社の老舗です。知名度はもちろん、大手ならではの手厚いサポートが特徴です。

朝日生命は以下のような人におすすめです。

  • ・保障を自分の現状に合わせて組み合わせたい方
  • ・対面で手厚いサポートを受けたい方

朝日生命で1番有名なプランが保険王プラスで、収入保障+医療保障といったように、自分のライフステージに合わせて、保障内容を自由にカスタマイズできる店です。

また、糖尿病患者や抗がん剤の服用歴があっても加入できるなど、持病持ちでも契約できるのが特徴の1つです。

営業の良さも、業界トップクラスと評判が高いので、大手ならではの手厚いサポートと、保障内容を自由にカスタマイズしたい方は、朝日生命をご検討ください。

「日額型保険」と「実費補償型保険」の違いを知っている?

日額型医療保険は契約時に補償額が決まるため、入院日数で給付金が決まってしまう保険です。

そのため、内容によっては、入院期間が長いとその費用を全額でもらえないケースがあります。

一方、実費補償型保険は実際にかかった費用を補償する保険のため、実際に発生した費用をすべて支払ってくれる保険です。

近年、入院費用の自己負担が増えており、特に入院した際の食事代と居住費が値上がりしていっています。

そのため、医療保険の知識が少なく、尚且つ割高な保険料を懸念している人ほど、シンプルで保険料が少額の実費補償型医療保険に加入する必要があるのです。

実費補償型医療保険は更新の度に保険料が上がってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなるといったデメリットがあります。

しかし、若いうちは月の保険料が平均1,000円ほどで済み、また実際に発生した費用をすべて支払ってくれます。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

代表的な保険商品を紹介

保険王プラス

特徴

必要な備えだけをチョイスして保険を組み立てられるのが特徴の「保険王プラス」。加入後に備えておきたいものが変わったり新しい保障をプラスしたいと思ったら、簡単に保障を変えられるのもポイントです。

給付金の種類・特約など

  • 介護保障
  • 死亡保障
  • 収入保障
  • 医療保障
  • 積立保険

朝日生命保険の代表的な保険商品「保険王プラス」について詳しくみる

朝日生命の口コミ

納得して加入できたのが
何より!

生活習慣病の保険に入っていますが、保険料はまあまあ高いけれど安心感があります。また、担当の営業さんがしっかりと丁寧に説明をしてくれたのも良かったです。納得して加入することができました。

保険王がいちばん良い保険だと
感じました!

他社ともいろいろ比較をしましたが、よく調べるうちに、医療保険にかんしては「保険王」が1番自分に合っている良い保障だと思えました。また、担当の方がすごく親切な人で、安心できたのも理由です。

夜分に遠い自宅まで
駆けつけてくれて...

保険契約者と満期受取人が違っていたことに気付いたとき、満期直前だったので、遅い時間なのに自宅までわざわざ駆けつけて手続きをしてくれました。すごいですよね。本当にありがとうございました。

担当の営業さんがとても親切で
好印象でした。

保険選びの担当になってくれたスタッフさんが、とても親切で感動しました。説明も丁寧だし、とても分かりやすかったです!また、介護保険の内容が良かったことも、こちらの保険を選んだ理由のひとつです。

糖尿病の私にとってとてもありがたい保険です

私は糖尿病で通院していますが、そんな私でも加入できて助かりました。過去の入院歴や、抗がん剤の服用歴があっても契約できる場合もあると知り、さらに驚きです。また、契約時には、通算30回まで入院した際に一時金が給付されることも説明され、本当にありがたく感じました。

私にとってはまさしくメリットの宝庫である保険

この保険に決めた理由の1つは、保険加入前からの持病についても、それが悪化した場合に保障を受けられるという点でした。何かしらの持病を抱えている人間にとって、悪化や再発のリスクは常にあり、それをカバーしてくれる保険は、とても大きな安心感を与えてくれるものです。

朝日生命の会社概要

事業会社名 朝日生命保険相互会社
本社所在地 東京都千代田区大手町2‐6‐1朝日生命大手町ビル
設立年 明治21年3月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用