au医療ほけん

au医療ほけんの評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  au医療ほけんの評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

au医療保険のキャプチャ

引用元:au医療ほけん
https://www.au.com/finance/life-insurance/medical/

au医療保険

「auの生命保険」が販売している医療保険

「au医療ほけん」は、「auの生命保険」が扱っている医療保険の商品です。病気やケガでの入院・治療にかかる費用の不安に備える保険で、おすすめコースとエコノミーコースの2種類から選ぶことができます。インターネットで申し込みができること、保険料がお手頃なことが何よりの魅力です。

au医療ほけんの特徴

「au医療ほけん」の他にもニーズに合った保険商品がランナップ!

「auの生命ほけん」では、「au医療ほけん」の他にも、「au医療ほけんレディース」「au定期ほけん」「au生活ほけん」といった保険商品を扱っています。各保険商品は、au IDを持っているauユーザー専用の保険料還付金付きの保険商品。引受保険会社であるライフネット生命で取り扱っている保険商品と保障内容は同じですが、保険料還付金が適用された場合の保険料は異なります。

いつでもどこでも簡単に申し込める!

スマートフォンやパソコンから24時間申し込みができるからとても便利。仕事終わりや休日、ちょっとしたブレイクタイムなどに手軽に申し込めます。また、お手頃な保険料も魅力。対象となる通信契約を持っているauユーザーであれば、最大60ヶ月、保険1契約につき毎月200円が保険料還付金としてauの通信料金から差し引かれます。また、保険加入でWALLETポイントが500Pもらえるのでさらにお得です!

病気やケガの治療にかかるお金を保障する「au医療ほけん」

「au医療ほけん」は、病気やケガの治療にかかるお金の不安に備える保険。おすすめコースとエコノミーコースの2種類が用意されており、ニーズに合わせて選ぶことができます。短期入院でもしっかり対応してくれるのがうれしいポイント。おすすめコースであれば、3大生活習慣病やがん、先進医療の保障も備えられます。また、お手頃な保険料なのに一生涯上がらないのも魅力です!

au保険の医療保険はこんな人にオススメ

au医療保険はauが取り扱っている医療保険の商品になります。

2つのコースが用意されており、また保険料が手頃でインターネットから申し込みたい人におすすめの保険です。

auの医療保険は以下のような人におすすめです。

  • ・短期入院にもしっかり対応している保険を探している方
  • ・保険料が手頃な保険を探している方
  • ・auユーザーの方

auの医療保険は日帰り入院などの短期入院にもしっかり対応しており、尚且つauユーザーなら毎月の実質負担額は1,270円となるので、お手頃な保険料の医療保険となっています。

また、おすすめコースとエコノミーコースといったように自分のニーズに合わせて保険を選ぶことができ、スマホやパソコンから24時間申し込むことができます。

短期入院に対応していて、尚且つお手軽な保険料の保険を探している方におすすめなのが、au医療保険です。

「日額型保険」と「実費補償型保険」の違いを知っている?

日額型医療保険は契約時に補償額が決まるため、入院日数で給付金が決まってしまう保険です。

そのため、内容によっては、入院期間が長いとその費用を全額でもらえないケースがあります。

一方、実費補償型保険は実際にかかった費用を補償する保険のため、実際に発生した費用をすべて支払ってくれる保険です。

近年、入院費用の自己負担が増えており、特に入院した際の食事代と居住費が値上がりしていっています。

そのため、医療保険の知識が少なく、尚且つ割高な保険料を懸念している人ほど、シンプルで保険料が少額の実費補償型医療保険に加入する必要があるのです。

実費補償型医療保険は更新の度に保険料が上がってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなるといったデメリットがあります。

しかし、若いうちは月の保険料が平均1,000円ほどで済み、また実際に発生した費用をすべて支払ってくれます。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

代表的な保険商品を紹介

au医療ほけん

特徴

病気やケガの治療にかかるお金の不安に備える保険。おすすめコースとエコノミーコースから選べます。短期入院でもしっかり対応してくれるのが魅力。おすすめコースなら3大生活習慣病やがん、先進医療にも備えられます。お手頃な保険料が一生涯上がらないのもポイントです。

給付金の種類・特約など

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • がん治療給付金(おすすめコース)
  • 先進医療給付金(おすすめコース)

「au医療ほけん」について詳しくみる

保険加入者の口コミ

なによりも、保険料が安くて魅力的でした!

すでに加入していた生命保険と同程度の保障内容を受けることを前提に比較しても、auの生命ほけんはかなり割安でお得でした。最終的に加入を決定したポイントは、やはりそのお得感です!

毎月の携帯代から割り引かれる分かりやすいセット割!

携帯キャリアに応じたセット割は最近よく目にしますが、正直お得感がつかみにくい…というのがありました。その点、auの生命ほけんは毎月の携帯代から割り引かれるので、明確に差を実感できます。お得感を感じたいならおすすめです!

セット割ならすべてのケースで他社より割安になります。

10年以上auを使っていますが、年齢的にそろそろ生命保険の加入を…と考えていたので、自分にぴったりだと思いました。セット割にすると、ほぼすべてのケースで同等の他社保険より安くなります!

若いうちはこれぐらいのシンプルな保険で十分!

いろいろな保険会社を比較検討したのですが、やっぱり保険料が圧倒的に安いので、20代の若いうちはこれで十分なのでは…と考え、加入を決めました。内容にも今のところ満足しています。

au医療ほけんの会社概要

事業会社名 KDDI株式会社
本社所在地 東京都千代田区飯田橋3‐10‐10ガーデンエアタワー
設立年 1984年6月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用