アクサダイレクト生命終身保険

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

終身医療
(アクサダイレクト生命)

病気・ケガでの手術・入院に総合的に備える

アクサダイレクト生命の終身医療は、生活習慣病や精神疾患を含むさまざまな病気や事故によるケガを幅広くサポートする終身医療保険です。入院はもちろん、近年増加傾向にある日帰りでの手術も手厚くカバー(Ⅰ型の場合)。先進医療や女性疾病、不慮の長期入院にもしっかりと備えられる各種特約も豊富に揃っており、非常に総合力の高い終身医療保険です。

終身医療(アクサダイレクト生命)のキャプチャ

引用元:アクサダイレクト生命
https://www.axa-direct-life.co.jp/products/medical/index.html

終身医療(アクサダイレクト生命)の特徴

入院を総合的に一生涯カバー

終身医療では、病気やケガでの入院について一生涯保障を受けられます。保障対象となる疾病は幅広く、生活習慣病や精神疾患による入院も総合的にカバー。近年では全入院件数のうちおよそ3割が心疾患・糖尿病・高血圧・腎障害・肝障害・ガンなどの生活習慣病やその関連疾病で占められています(平成26年厚生労働省調査)。高まるリスクに備えて、生活習慣病の保障が手厚い保険を選択しておくことが転ばぬ先の杖になるかもしれません。

また、万が一払込期間中に3大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)での入院があった場合、その後の保険料払込が免除となる「3大疾病保険料払込免除特約」も利用できます。

手術も入院有無に関わらず保証

近年では、医療が進歩したおかげで手術を行っても入院せず即日帰宅できるケースが増えてきています。たとえ日帰りの手術でも、術後に経過観察のため通院する費用や、生活が不便で介助サービスやタクシーを利用する費用を含めると10~20万円程度の備えは必要です。アクサダイレクト生命終身医療の「Ⅰ型」なら入院を伴わない日帰り手術でも補償を受け取ることができるため、手術に関わる臨時出費をカバーできます。

何歳で加入しても割安

年齢を重ねれば重ねるほど病気のリスクが高まるため、医療保険の保険料も年齢に応じてつり上がっていくのが一般的です。しかしアクサダイレクト生命の終身医療では、何歳で加入しても他の同内容の保険よりも割安に設定されています。加入時に60歳でも、補償内容によって男性の場合3,000円~15,000円、女性の場合2,400円~12,600円程度で加入可能です。一生涯保証してくれる保険でありながらもお手頃価格のため、中高年の方が他保険から乗り換えする場合の選択肢としてもおすすめです。

終身医療(アクサダイレクト生命)の保証内容

アクサダイレクト生命の終身医療では、入院と手術の両方をカバーできる「Ⅰ型」と、入院のみをカバーできる「Ⅱ型」の2タイプから選択できます。入院を伴わない日帰り手術にも備えたいと考えているのなら、より保障の手厚い「Ⅰ型」を検討しましょう。

入院・手術に関する給付金

支払
事由

責任開始期以後に生じたケガまたは病気により入院したとき(Ⅰ型・Ⅱ型)。1回の入院につき60日まで、保険期間を通算して1095日までが限度となります。また、責任開始期以後に生じたケガまたは病気により手術したとき(Ⅰ型のみ)。

給付金名と支払われる金額

  • 疾病入院給付金
    入院給付金日額×入院日数。入院給付金日額を5,000円と設定している場合、5,000円×入院日数となります。
  • 災害入院給付金
    入院給付金日額×入院日数。入院給付金日額を5,000円と設定している場合、5,000円×入院日数となります。
  • 手術給付金(Ⅰ型のみ)
    入院中に行った手術の場合、入院給付金日額×10日分。入院せずに行った手術の場合、入院給付金日額×5日分。ただし、骨髄幹細胞移植のための骨髄幹細胞採取手術の場合は入院に関わらず入院給付金日額×10日分。
  • 死亡給付金
    入院給付金日額×10日分。入院給付金日額を5,000円と設定している場合、5万円となります。

特約で得られる給付金

支払
事由

責任開始期の後に生じたケガまたは病気の治療を直接の目的として、先進医療による治療を受けたとき(先進医療特約)。被保険者の1回の入院が61日に達したとき(長期入院時一時金給付特約)。保険期間中に、所定の女性特定疾病を理由として入院したとき(女性疾病入院特約)。

給付金名と支払われる金額

  • 先進医療給付金
    先進医療に該当する治療にかかる実費と同額を支給。ただし、全保険期間を通じて通算2,000万円までが限度です。
  • 先進医療一時金
    先進医療に該当する治療を受けた時、治療1回につき10万円を支給。ただし、給付は60日に1回を限度としています。
  • 疾病長期入院時一時金・災害長期入院時一時金
    長期入院時一時金額を支給。
  • 女性疾病入院給付金
    主契約で設定している入院給付金日額×入院日数。入院給付金日額を5,000円と設定している場合、5,000円×入院日数となります。ただし、1入院につき60日、保険期間を通算して1095日が限度です。

無料付帯サービス

付帯
サービス

病気やケガを幅広く保障する総合医療保険だからこそ、治療に行きづまった時の解決力も大切なポイントです。アクサダイレクト生命の終身医療では、頼もしいサポート体制が整っています。

サービス内容と補足

  • セカンドオピニオンと健康・育児相談
    現在の診断内容や今後の治療方針に疑問を感じた時、セカンドオピニオンが無料で受けられます。相談に対応するのは全国の名医。必要に応じて専門医の紹介も行います。医師や看護師にいつでも健康相談・育児相談できるサービスも好評です。,000万円まで)

終身医療(アクサダイレクト生命)のメリットとデメリット

主契約の保険料が安く、三大疾病になった場合に保険料の払い込みが免除になる点が魅力の終身医療(アクサダイレクト生命)。メリットとデメリットはどうなっているのでしょうか。他の医療保険との違いを説明します。

メリット

保険料が安い

三大疾病になった場合保険料払込免除になる

無料の健康・育児相談、セカンドオピニオンが可能

特約で長期入院にも備えられる

終身医療(アクサダイレクト生命)のメリットは、主契約の保険料が安い点が挙げられます。また、三大疾病になった場合、以降の保険料が払込免除になり、保障はそのまま続く点も大きなメリット。三大疾病とは、悪性のがん・急性心筋梗塞・脳卒中のことです。

これらの病気になると、仕事ができるかどうかが分からないため、保険料が免除になるととても助かります。保険料が免除になるタイミングは、診断が確定して入院した日となります。三大疾病が見つかって入院しないということはほぼないので大きな問題ではありませんが、資格を得る条件は覚えておいた方が良いでしょう。

また、他社と比べて特徴的なメリットは、無料の健康・育児相談ができる点です。診断内容に不安を感じた場合は、いつでも相談ができ、セカンドオピニオンを無料で受けられます。必要に応じて専門医の紹介もあるので、何かあった時に心強いサービスです。

特約を付けることで、長期入院への備えができる点もメリットのひとつです。61日以上の入院で、50万円の長期入院時一時金が入ります。この金額は、100日分の入院保険料が一気に入るのと同じ。長い入院生活が続いている方には心強い保障でしょう。

デメリット

どんな疾病でも一入院は60日が限度

がん診断特約がない

通院保障がない

非常に良い医療保険に思える終身医療(アクサダイレクト生命)ですが、デメリットもいくつかあります。そのひとつはどんな疾病でも一入院の保障は60日が限度という点です。他の保険の場合、入院の延長ができることが多いのですが、この保険はどのような病気でも入院の延長はありません。

がんと診断された時の特約がない点もデメリットです。がん診断給付金は比較的大きな金額で治療費に充てられるので、この特約がないのは残念。

また、通院保障がない点も残念です。病気の治療は入院よりも通院の方が増えてきており、抗がん剤治療も通院がメインとなってきています。入院保障が手厚いのは助かりますが、通院の方が日数的にも金額的にも負担が大きくなりつつあるのが現状です。そのため、通院保障がないのは残念なポイントと言えます。

契約情報

契約年齢範囲 29歳~69歳
保険期間 終身
払込方法 月払い(口座振替、またはクレジットカード払い)

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用

「実費補償型医療保険」
「日額型医療保険」
医療保険を徹底比較!