損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」の口コミ・評判・商品の特徴まとめ

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】  >  損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」の口コミ・評判・商品の特徴まとめ

新健康のお守り
(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

入院・手術はもちろん先進医療や三大疾病にも備えられる!

ケガや病気による日帰り入院、手術の費用はもちろんのこと、公的医療保険が適用されない先進医療技術料も一生涯サポート(医療用新先進医療特約)!オプションを追加すれば、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)での長期入院・再入院までしっかりと保障してくれます(三大疾病支払日数無制限特則)。

新健康のお守りのキャプチャ

引用元:新健康のお守り
http://www.himawari-life.co.jp/product/new_omamori_health/

新健康のお守り
(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)の特徴

手厚い保障で、保険料は一生涯変わらない!

保障は安心の一生涯!保険料は、加入時のまま変わりません。また、入院にかんしては日帰り入院からしっかりと保障。さらに、手術は公的医療保険の対象となる約1,000種類の手術を保障してくれます。そして医療用新先進医療特約をプラスすれば、公的医療保険が適用されない先進医療の技術料も通算2,000万円まで保障が受けられます!

三大疾病にもしっかりと備えられる!

三大疾病による入院を、通算して無制限に保障してくれます。さらにオプションをプラスすることで、1回の入院限度日数も無制限にすることができます。(三大疾病支払日数無制限特則…がん・急性心筋梗塞・脳卒中により入院した場合、その入院が疾病入院給付金の1回の入院の支払限度日数である60日を超えて継続しても、無制限に疾病入院給付金が受け取れる特則です。※支払日数は疾病入院給付金の通算の支払限度に含みます。)

保険料の払込み免除オプションもおすすめ。

三大疾病により所定の状態になってしまったときには、以後の保険料の払込みが必要なくなります。もちろん、保障内容はそのままなので安心です!(「医療用特定疾病診断保険料免除特約」…がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中によって所定の状態になった場合に、以後の保険料の払込みが免除されるという内容の特約です。)

新健康のお守り
(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)の保証内容

病気やケガによる入院・手術に関する費用の補償はもちろん、公的医療保険が適用されない先進医療の技術料も、医療用新先進医療特約で一生涯サポートしてくれます。また、オプションとして様々な特約があり、三大疾病など必要な医療保障をプラスすることが可能となっています。

入院に関する給付金

支払
事由

病気やケガで入院したとき。1入院60日限度、病気で通算1,000日限度・ケガで通算1,000日限度(三大疾病は通算無制限)。

給付金名と支払われる金額

  • 疾病入院給付金/災害入院給付金
    入院給付金日額×入院日数(給付金日額は3,000円〜20,000円まで1,000円単位で設定可能)

手術に関する給付金

支払
事由

病気やケガで約款所定の手術・放射線治療を受けたとき、何度でも。造血幹細胞移植を目的とした骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けたとき、1回のみ。

給付金名と支払われる金額

  • 手術給付金
    上記前者の場合、内容により1回40万円・20万円・10万円・5万円/上記後者の場合、20万円。※入院給付金日額10,000円の場合

新健康のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)のメリットとデメリット

新健康のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)は、医療保険とがん保険を合わせたような充実の特約が特徴の終身型医療保険です。この保険のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

払込方法の選択肢が多い

がん診断一時金を二回目以降に貰う際入院の必要がない

医療用女性疾病入院特約

新健康のお守りのメリットとして最初に注目したい点は、払込方法の選択肢が非常に広い点です。月払い・半年払い・年払いが選べ、クレジットカード払いにも対応しているのでポイントをためることができます。また、払込期間もさまざまで、自分の収入状況に合わせて選択できる点が魅力です。

がん診断一時金を2回目以降に貰う際入院の必要がない点も大きなメリットです。通常、2回目以降のがん診断一時金は、入院が条件のひとつとなっています。1回目の診断から2年以上経過していれば、診断が下りただけで一時金が出る新医療保険Aプラスは、この点かなり評価が高いです。

新健康のお守りには多くの特約があり、手厚い保障にできます。その中でも医療用女性疾病入院特約は、女性特有の病気に対して入院給付金を上乗せして受け取れる内容ですが、女性特有の病気をカバーする範囲が広い点が特徴です。がんに関しては女性特有の乳がんや子宮がんだけでなく、全部のがんが対象になり、女性に多い病気である鉄欠乏症貧血、バセドウ病なども補償の対象です。

デメリット

三大疾病関連の支払い条件が厳しい

基本保障に入院保障の延長がついていない

三大疾病関係の特約としては、三大疾病支払日数無制限特則・三大疾病入院一時金特約が用意されています。しかし、これらの特約を受けられる条件が、心疾患は急性心筋梗塞だけしか認められず。脳疾患もくも膜下出血・脳内出血・脳梗塞の3種類しか対象にならないのです。他社の場合は、心疾患・脳疾患全般が対象となることが多いため、この条件はかなり厳しいと言わざるを得ません。

また、基本保障に入院保障の延長がついていない点もネックです。主契約の保険料はとても安いのですが、入院保障の延長をつけると保険料はそれなりに高くなります。他社の保険では、基本保障についている場合が多い保障なので、この点も残念な部分です。

特則・特約

  • 医療用新先進医療特約
    先進医療による療養を受けたときに、先進医療の技術料を通算2,000万円まで保障。
  • 医療用がん入院特約
    責任開始期以後に発病したがんの治療を目的として1日以上の入院をした場合、1入院60日まで(通算無制限)入院給付金に上乗せしてガン入院給付金が受け取れます。
  • 医療用女性疾病入院特約
    女性特有の病気・すべてのがん・女性にも多い病気により1日以上の入院1をした場合。1入院60日まで(通算無制限)入院給付金に上乗せして女性疾病入院給付金が受け取れます。
  • 医療用退院給付特約
    主契約の入院給付金の支払事由に該当する20日以上の入院をし、退院した場合に退院給付金が受け取れます。
  • 三大疾病支払日数無制限特則
    三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)により入院した場合、1回の入院の支払限度日数である60日を超えて継続しても、無制限に疾病入院給付金が受け取れます。
  • 七大生活習慣病追加給付特則
    所定の七大生活習慣病により入院した場合、1回の支払限度日数である60日を超えても、その入院が継続して120日となるまで、入院給付金日額と同額の七大生活習慣病追加入院給付金が受け取れます。
  • 医療用特定疾病診断保険料免除特約
    ガン(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態になった場合、以後の保険料の払込みが免除されます。
  • 無事故割引特則
    加入後5年ごとの期間中に病気とケガのそれぞれで、通算5回以上の入院給付金の支払がなかった場合、以後の保険料が1回につき加入時の保険料の10%ずつ割引になります。最高5回までの割引で、保険料は最大50%割引になります。
  • 医療用三大疾病入院一時金特約
    ガン・急性心筋梗塞・脳卒中により入院を開始した場合、一時金が受け取れます。
  • 医療用ガン診断給付特約
    ガンと診断確定された場合、ガン診断給付金が受け取れます。また、再発や転移などで2回目以降の診断確定でも、一定の条件の下で同額が受け取れます。
  • 医療用ガン外来治療給付特約
    通院や往診によるガン治療を行った場合、1日につき入院給付金日額と同額のガン外来治療給付金が受け取れます。

契約情報

契約年齢範囲 0歳〜75歳
保険期間 終身
払込方法 月払…口座振替、クレジットカード払/半年払・年払…口座振替、郵便振込、クレジットカード払

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用