ライフネット生命をリサーチ!【医療保険の評判・口コミまとめ】

ライフネット生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  ライフネット生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

ライフネット生命のキャプチャ

引用元:ライフネット生命
http://www.lifenet-seimei.co.jp/

ライフネット生命

シンプルで分かりやすい!保険料もお手頃!

ライフネット生命は、安くて便利で分かりやすい保険商品をインターネットで提供している保険会社です。必用な保障にしぼったシンプルな保険を提供し、インターネット中心に販売し実店舗や営業にかけるお金を抑えたおかげで、低価格高品質の保障の提供に成功しました。2012年3月にマザーズへ上場したことで、より注目されるようになりました。ライフネット生命は公式ホームページが分かりやすいうえに、保険料の内訳や約款も公開しています。また簡易請求を実現し、保険料請求のための時間や手間の大幅削減に成功しています。どこまでの契約者のことを考えた保険会社です。

「日額型保険」「実費補償型保険」の違いを知っている?

「日額型医療保険」の補償額は契約時に決められ、入院日数で給付金が決まる保険です。
「実費補償型保険」は少数の会社しか扱っていない保険商品となり、実際にかかった費用を補償する保険です。

ここが違う!

両者の一番大きな違いとしては、
「実費補償型保険」は入院した際に、
実際に発生した費用をすべて支払ってくれるのです!


「日額型医療保険」は補償内容によって、 入院期間が長い場合、その費用を全額でもらえないケースがあります。
しかし、「実費補償型保険」終身保障ができないなどのデメリットもありますので、詳細に関しては下記のページをご参照ください。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

ライフネット生命の特徴

20代30代でも支払いが負担にならない低価格の保険

ライフネット生命で保険を見直して保険料が安くなった人の平均削減額は、1ヶ月で平均6,515円。年間で平均78,180円相当の節約が実現されています。また、ライフネット生命に加入している人の75%は20代、30代。若い世代、とりわけ結婚や子育てを控えている人たちにこそ生命保険は必要であり、だからこそできるだけ安い保険料で必要な保障を用意できるよう、ライフネット生命はインターネットで保険を販売しているのです。

必要な保障に絞ったシンプルな保険

ライフネット生命の保険商品は、家族にしっかり説明できる分かりやすいシンプルな保険。万が一のリスク、けがや病気のリスク、長期間働けなくなるリスク…これら3つのリスクに備えられるシンプルな保険商品が用意されています。また、約款(生命保険の契約内容を網羅した書類)を公開しているのも信頼性のポイント。ライフネット生命ではウェブサイトでダウンロードができるようになっています。

外部からも高い評価!

世界最大のサポートサービス業界団体HDI(ヘルプデスク協会)の日本法人が主催する「HDI格付けベンチマーク(生命保険業界)」で、ライフネット生命が「問合せ窓口」「Webサポート」の両部門で6年連続3つ星を獲得しています。またwork with Prideが主催する、企業や団体のLGBTなどの性的マイノリティにかんする取り組みを評価する「PRIDE指標2016」で、2年連続5点満点の最高評価「ゴールド」を受賞するとともに、その取り組みが事例として掲載された児童向けの書籍を公立図書館等へ寄贈する「レインボーフォトプロジェクト」がとくに優れた取り組みであると評価を受け、各指標全体を通じての「ベストプラクティス」に選定されています!

代表的な保険商品を紹介

終身医療保険「新じぶんへの保険」

特徴

ニーズに合わせて選べる2つのコースが用意されている終身医療保険。「エコノミーコース」では、入院と手術に備えるシンプルな保障内容。「おすすめコース」では、がんや先進医療に備える充実した保障内容となっています。どちらのコースも短期入院にもしっかり対応しており、5日以内の入院でも一律5日分の入院給付金を受け取ることができます。また3大生活習慣病が原因で入院した場合、支払い限度日数が無制限に切り替わります。

給付金

入院給付金:入院給付金・3大生活習慣病の場合支払い限度日数無制限(おすすめコースのみ)

手術給付金:手術給付金

がん治療:がん治療給付金(おすすめコースのみ)

先進医療:先進医療給付金(おすすめコースのみ)

給付金の種類・特約など

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • がん治療給付金(おすすめコース)
  • 先進医療給付金(おすすめコース)

終身医療保険「新じぶんへの保険レディース」

特徴

女性特有の病気に手厚い保障がある「新じぶんへの保険レディース」。お手頃な保険料で入院・手術に備える「エコノミーコース」のほか、がんや先進医療にも備えられる「おすすめコース」が用意されています。入院給付金は日帰り入院から支払われます。5日以内の入院の場合も、一律5日分の入院給付金が受け取れます。乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気やがんなどで入院した場合、通常の入院給付金に加え、女性入院給付金が支払われます。また3大生活習慣病での入院は支払い限度日数が無制限に切り替わります。

給付金

入院給付金:入院給付金・女性入院給付金・3大生活習慣病の場合支払い限度日数無制限(おすすめコースのみ)

手術給付金:手術給付金

がん治療:がん治療給付金(おすすめコースのみ)

先進医療:先進医療給付金(おすすめコースのみ)

給付金の種類・特約など

  • 入院給付金 手術給付金 がん治療給付金(おすすめコース) 先進医療給付金(おすすめコース)

ライフネット生命の「新じぶんへの保険」をさらにチェック

保険加入者の口コミ

独身女性に評判が良かったので選びました!

インターネットで評判の良い生命保険会社を探していたところ、ライフネット生命保険がヒットしました。私と同じような不安を抱えている独身の女性からの評判が良かったので決めました。シンプルな内容で、保険料も安くて助かります。

同性のパートナーでも受け取りができます。

同性のパートナーでも保険金の受取人に指定できるようにしたサービスは、すごいと思います!他会社では「パートナー証明書があればOK」というところもありましたが、私はそんな証明書なんてない田舎に住んでいるので、とてもうれしかったです。

最低限の必用な保障だけを選べる

まだ若く病気になる不安があまりないため、高額の保険に加入することを尻込みしていました。ライフネット生命の保険はどれも価格が安く分かりやすいです。その分本当に自分に必用なものだけを保障してくれる保険を選ばないといけません。しかし相談窓口の人の説明は分かりやすく愛想も悪くなかったため、選ぶのがそこまで苦にはなりませんでした。かなり価格を抑えた保険に入れたので満足しています。

保険料が大幅に下がって驚いています。

大手の生命保険で契約していましたが、ライフネット生命で見積もりを取ったところ1万円ほど安くなりました。すごい!こんなに安い保険料なのに、保障内容はしっかりとしているので安心です。

ネットを使った簡単で分かりやすい保険契約

サイト上で保障内容について詳しく解説されていただけでなく、保障額や保険料に関する計算も行え、必要な商品だけを納得して選ぶことができました。また、住所や支払い方法などもネットで簡単に変更できるだけでなく、疑問点を担当者へ質問することもできるので、とても便利です。

契約した時から保障の中身や支払手続きが分かりやすかった

給付金の請求の為、入院中に担当者へ電話した所、退院時にも申請しておくべきことを教えてもらえたり、こちらが退院するタイミングで必要な書類が届くなど、顧客に対するサービスが充実していると感じました。また実際の支払いもすぐに行われ、とても助かりました。

保険料の安さと保障内容のコストパフォーマンスが良い

保険料が安かったことと、電話で問い合わせをした際の対応に好感を持てたことが、加入の決め手でした。実際の契約はネット上で行いましたが、コールセンターの質が良く、毎年の誕生日にはしっかりと確認書類を届けてくれるので確認もしやすく、ありがたく思っています。

保険会社のサービスには違いがあると実感した

加入を決めた理由はサイトの使いやすさ、保障の分かりやすさ、必要な情報が包み隠さずこちらへ開示されていたことの3点です。実際、第二子を妊娠中に体調を崩して緊急入院した時は、スマホで必要な情報が全て得られて、給付金の支払いも滞りなく行われ、本当に助けられました。

ライフネット生命の営業対応

分かりやすさを重視した業界初のネット生命保険

業界初のインターネット生命保険会社として誕生したライフネット生命ですが、起業当初は生命保険業界の大ベテランであった出口治明氏と、IT技術の専門家であった岩瀬大輔氏という2人の役員、そして事務員1人のみという超少人数の態勢でした。 当時、まだまだ保険外交員による対面・訪問販売が主流の時代、出口氏はネットを使って人件費や事務手数料を節約することで、その分だけ保険料を抑え、良質な保険を安く提供できると考えたのです。また、初期の商品は終身型医療保障と定期型死亡保障のみというシンプルさで、徹底的に無駄を省くことによる保険料の低コスト化と、顧客にとっての分かりやすさが重視されていました。 その後、扱う保険商品の種類や電話やメールでの保険相談、専門家による24時間態勢の健康相談サービスなども拡充され、ネットの便利さ・分かりやすさだけでは不十分な、顧客へのフォローも重要視されています。とはいえ、ライフネット生命の特徴である、「分かりやすさ」は変わらず大切にされており、サイト上で顧客が自分に必要な保障プランを選びやすいという特徴は多くの人から好評を博しています。

ライフネット生命の
会社概要

事業会社名 ライフネット生命保険株式会社
本社所在地 東京都千代田区麹町2‐14‐2麹町NKビル
設立年 2006年10月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用