三井住友海上あいおい生命をリサーチ!【医療保険の評判・口コミまとめ】

三井住友海上あいおい生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  三井住友海上あいおい生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

三井住友海上あいおい生命のキャプチャ

引用元:三井住友海上あいおい生命
http://www.msa-life.co.jp/

三井住友海上あいおい生命

「三井住友海上」といえば三井、住友の損保系会社。そして大東京火災海上、千代田火災海上が合併した「あいおい損保」の子会社が「あいおい生命」です。これらに2社が新たに加わったかたちで、6社が一緒になったのが「三井住友海上あいおい生命」です。『&LIFE(アンドライフ)』という商品ブランドを掲げ、ライフスタイルに合わせた個人向けの商品ラインナップを各種取り揃えています。

三井住友海上あい
おい生命の特徴

保険のプロが一人ひとりに最適な保険を提案。

三井住友海上あいおい生命保険は、利用者の満足するサービスを多く持った使いやすくて安心できる保険会社です。終身保険、収入保障保険、定期保険、医療保険、ガン保険、個人年金保険、こども保険などの取り扱いがあり、保険のプロフェッショナルが一人ひとりにふさわしい最適な生命保険のコンサルティングを行ってくれます。

三井住友海上あいおい生命は保険のプロによる対面販売

三井住友海上あいおい生命は昔ながらの対面販売です。対面販売のメリットは、分からないことがその場ですぐ確認できるということ。また、勧められる保険に入れば自分でリサーチをしなくても済むということです。ただ、保険のプロに任せられるという安心の反面、担当者によっては自分に適していない保険商品を売られてしまうことも考えられます。ただ担当者の言いなりになって保険を選んでしまうのではなく、自分でもある程度判断ができるように知識をつけておきましょう。

“もしも=IF”を“安堵”で守る保険『&LIFE』

三井住友海上あいおい生命は、商品ブランド『&LIFE(アンドライフ)』を展開しています。『&LIFE(アンドライフ)』には“人生で出会うたくさんの「もしも=IF」を大きな「安堵」で守る保険でありたい”という思いが込められており、三井住友海上あいおい生命の主力商品に付与されたブランドとなっています。さまざまなライフスタイルに合わせた個人向けの商品ラインナップが各種取り揃えられています!

三井住友海上あいおい生命の医療保険はこんな人にオススメ

三井住友海上あいおい生命は大東京火災海上と千代田火災海上が合併してできた、生命保険です。

個人のライフスタイルに合わせて個人向けの商品ラインナップが売りの生命保険保険になります。

三井住友海上あいおい生命がおすすめな方は以下のようになります。

  • ・自分に最適なプランを保険のプロと相談して選びたい方
  • ・自分の意思で判断して保険を選びたい方

三井住友海上あいおい生命では、終身保険、がん保険、医療保険と様々な商品を取り扱っており、しかも保険のプロが一人一人のお客さんにコンサルティングをしてくれます。

また、対面の販売となっているため、その場ですぐに疑問点や不安点を確認することができるのです。

さまざまなライフスタイル合わせた個人向けの商品ラインナップというコンセプト通り、自分である程度判断して保険を選びたい人におすすめです。

「日額型保険」と「実費補償型保険」の違いを知っている?

日額型医療保険は契約時に補償額が決まるため、入院日数で給付金が決まってしまう保険です。

そのため、内容によっては、入院期間が長いとその費用を全額でもらえないケースがあります。

一方、実費補償型保険は実際にかかった費用を補償する保険のため、実際に発生した費用をすべて支払ってくれる保険です。

近年、入院費用の自己負担が増えており、特に入院した際の食事代と居住費が値上がりしていっています。

そのため、医療保険の知識が少なく、尚且つ割高な保険料を懸念している人ほど、シンプルで保険料が少額の実費補償型医療保険に加入する必要があるのです。

実費補償型医療保険は更新の度に保険料が上がってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなるといったデメリットがあります。

しかし、若いうちは月の保険料が平均1,000円ほどで済み、また実際に発生した費用をすべて支払ってくれます。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

代表的な保険商品を紹介

&LIFE 新医療保険Aプラス

特徴

ケガや病気による入院・手術等を一生涯にわたって保障してくれる「&LIFE 新医療保険Aプラス」。また、基本保障のほかに、がんなどの三大疾病、女性疾病、介護に対する備えをプラスすることができます。

給付金の種類・特約など

  • 災害入院給付金
  • 疾病入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 集中治療給付金
  • 入院時手術給付特約
  • 女性疾病給付特約
  • ガン診断給付特約
  • 三大疾病入院一時給付特約
  • ガン治療通院給付特約
  • 先進医療特約
  • 終身介護保障特約
  • 新保険料払込免除特約

三井住友海上あいおい生命の代表的な保険商品「新医療保険Aプラス」について詳しくみる

保険加入者の口コミ

保険商品のラインナップは
なかなか!

知っているようで意外と知られていない生命保険会社。でもやはり大きな会社同士が出資してできただけあって、生命保険のラインナップはなかなかのものだと思います。自分は積立率変動型終身保険に加入しました。最低保障で確実に元本割れをしないのが魅力ですね。

老後の介護に対する心配が少し
減りました。

「新医療保険Aプラス」に付いている終身介護保障特約は、条件を満たせば年金と一時金を給付してくれて安心です。その分保険料は高くなり、老後に払えるか心配かもしれませんが、60歳で払込満了になる制度もあるので問題には思いません。むしろ、後々のことを早めに対処できてありがたいです。

特約が充実しているのが
魅力です。

「新医療保険Aプラス」は特約が充実しています。先進医療特約にかんしては技術料だけでなく宿泊費・交通費も実費がもらえますし(上限はあります)。また新終身介護保障特約は他社にはない特約で、介護が心配な人にはすごくおすすめできます!

とても良い保険!便利な特約も
利用しています。

私は三井住友海上あいおい生命の&LIFE 新医療保険Aに入っています。特約として、がん診断給付特約、三大疾病入院一時金を付けました。三大疾病入院一時金の保障範囲は上皮内がんもOKなので、給付金がもらえる可能性が広がります。上を見ればキリがないですが、とても良い保険だと感じています。

三井住友海上あいおい生命の会社概要

事業会社名 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
本社所在地 東京都中央区新川2‐27‐2
設立年 1996年(平成8年)8月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用