日本生命をリサーチ!【医療保険の評判・口コミまとめ】

日本生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  日本生命の評判・口コミ【代表的な医療保険商品紹介】

日本生命のキャプチャ

引用元:日本生命
https://www.nissay.co.jp/

日本生命

120年の歴史!日本で3番目に古い生命保険会社

日本生命の誕生は明治22年。約120年前の創業となり、日本で3番目の長い歴史を持つ生命保険会社です。総資産においては、「かんぽ生命保険(日本郵政グループ)」に次ぐ業界第2位!保有契約高・保険料収入では最大手を誇ります。もちろん知名度も高く、安心・信頼が一番の強みと言えそうです。

「日額型保険」「実費補償型保険」の違いを知っている?

「日額型医療保険」の補償額は契約時に決められ、入院日数で給付金が決まる保険です。
「実費補償型保険」は少数の会社しか扱っていない保険商品となり、実際にかかった費用を補償する保険です。

ここが違う!

両者の一番大きな違いとしては、
「実費補償型保険」は入院した際に、
実際に発生した費用をすべて支払ってくれるのです!


「日額型医療保険」は補償内容によって、 入院期間が長い場合、その費用を全額でもらえないケースがあります。
しかし、「実費補償型保険」終身保障ができないなどのデメリットもありますので、詳細に関しては下記のページをご参照ください。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

日本生命の特徴

相互扶助の精神を守りつつ時代の変化に応えてきた日本生命

明治22年、日本で3番目の生命保険会社として発足した日本生命。開業にあたり、日本独自の統計に基いた初の保険料表を完成させました。また、剰余金が生じたときには契約者への利益配当を行なうこととし、明治30年度の第1回大決算で、業界初の契約者配当を実施しました。生命保険は“共存共栄”“相互扶助”の精神に基く助け合いによる保障の仕組み。これを会社として行うには、安定的な経営により保障責任を果たす一方で、配当を通じて契約者の負担を軽減することが重要と判断したのです。それから現在に至るまで、この精神を脈々と受け継いで共存共栄・相互扶助の実現に努めている会社です。

確実な支払いのための積み立て(自己資本)

日本生命では、予期せぬ支払いの増加や運用環境の著しい悪化など、生命保険会社を経営していく際のさまざまなリスクが現実のものになったときでも確実に保険金等を支払えるよう、積み立てを行っています(自己資本)。日本生命はこれまで、毎年着実にこの自己資本を積み立ててきた実績があり、今後もその充実を宣言しています。

充実したサポート体制が魅力!

生命保険は長期間にわたる契約。その間で、「加入中の保険について知りたいことがある」「こんな時にはどんな手続きをすればいいの?」「このケースでは保険金は支払われるの?」など疑問も出てくるはず。そんなときのために、日本生命では全国に約5万名のニッセイトータルパートナー(営業職員)を用意しており、しっかりサポートしてくれます。また、保険について何でも相談できる窓口「ニッセイ・ライフプラザ」も全国的に展開。インターネットでの取引きもでき、個々のライフスタイルに合わせてさまざまな便利なサービスが利用できます!

代表的な保険商品を紹介

みらいのカタチ「総合医療保険」

特徴

日本生命の「みらいのカタチ」の保険契約のうち、「総合医療保険」のみを選択したプランです。病気やケガ等による入院を保障。先進医療を含む手術等にもしっかり備えられます。また、毎年の契約応当日や更新時等に、健康状態に関係なく、入院給付日額が同額以下の範囲で保険期間を終身に変えられる制度もあります。

給付金の種類・特約など

  • 疾病・災害入院給付金
  • 手術給付金
  • 入院療養給付金(入院療養給付金あり型)
  • 放射線治療給付金
  • 保険料払込免除特約

日本生命の代表的な保険商品「みらいのカタチ」について詳しくみる

保険加入者の口コミ

ベーシックでシンプルな医療保険だと思いました。

日本生命の総合医療保険(みらいのカタチ)に加入しています。内容にかんしては、可もなく不可もなく…といったところ。保険を決めるにあたりいろいろな商品を見てきましたが、すべてにおいて平均的だと思います。

やっぱり会社の知名度が高いから安心感があります!

最終的に日本生命の保険商品を選んだのは、やはり会社の知名度です。ネット損保などは、内容が良くても知名度がないので正直不安を感じました。その点日本生命は安心ですし、まさか潰れるようなこともないだろう…と考え、加入を決めました。

保険料は安くはないけれど、満足できる保障内容です。

ニッセイの総合医療保険に入っています。がんや脳梗塞の対処ができる特約も付けようか迷ったのですが、なくても十分だと思いシンプルなプランにしました。保険料が少し高いという点は否めませんが、私はこの保険に満足しています。

先進医療も含め手術給付を受け取れます。がんにも手厚くて安心!

総合医療保険にがん医療保険をプラスして入りました。がんの保障はなるべく手厚くしたかったので…。日数無制限で保障してくれるのも魅力的ですが、先進医療も含めて手術給付金を受け取れるところに一番惹かれました。

会社の知名度や規模は長期の保障を考える上で重要

私が加入しているのは総合医療保険です。保障の内容に関してのみで言えば、そこそこかも知れません。それでもこの保険に決めた理由は、日本生命という会社の知名度です。会社が潰れてしまえば保険も無駄になるので、私でも前から知っている保険会社という安心感は重要でした。

先進医療とがん治療に関する保障を充実させたかった

がん保障を充実させたかったので、総合医療保険にがん医療保険もプラスして契約しています。でも、決め手は日数無制限の保障に加えて、先進医療でも手術給付金を受け取れるという点。先進医療の保障は独立した特約の場合が多いので、そう考えると充実していると思います。

入院に備える保険として非常に満足できる保障内容

総合医療保険の加入者です。私が契約しているプランでは、入院療養給付金によって入院給付金が2倍になるため、私の場合は入院給付金の総額が1日に2万円。これだけあれば、とりあえず大丈夫だろうと思っています。保険料は少し高めなものの、私自身はとても満足しています。

老後のことも考えた保険選びをしたい人にとって頼りになる保険

健康のことを考えて総合医療保険に加入し、さらに老後のことを考えて介護保障保険に併せて加入しました。老後は障害や要介護のリスクが上がるので、年金だけでは心細かったですが、おかげで安心感が高まりました。相談サービスもあり、とても頼りにしています。

ケガのリスクと隣り合わせの日常だからこそ保険が必要だった

私はスポーツをしているので、病気よりもケガに関する保障を重視し、総合医療保険と特定損傷保険に加入しました。総合医療保険では入院保障、特定損傷保険では一時金を受け取れる為、二重の保障です。ケガによって手術の可能性もあり、手厚い保障が欠かせません。

親身になって相談に乗ってくれるのでとても感謝しています

医療保険の種類は数多くあり、どれを選べば良いか分からなかったというのが本音です。ただ、保険選びの最中にたまたま出会った担当者がとても親切な方で、この人に任せれば大丈夫だと確信できました。また、保障範囲も広く、保険料に見合った安心感がポイントです。

保険料は高いけれどサービスが充実している

職場に来る保険外交員に勧められ、社会人1年目から契約しています。保険料が高いので、まだ20代の自分にここまでの保障が必要なのか考えることもありますが、外交員のフォローがしっかりしている上、鼻炎の日帰り手術で保険金が下りたこともあり、満足しています。

こちらの疑問に対して即座に解決しようとしてくれる

先日、帝王切開によって子供を出産しました。最初は、保険を利用できるか分からず、コールセンターに相談したら、すぐに適応対象だと判明して、安心して出産に臨めました。請求手続きの方法についても丁寧に教えてくれて、やはり大手の保険に加入して良かったと思います。

日本生命の会社概要

事業会社名 日本生命保険相互会社
本社所在地 大阪府大阪市中央区今橋3‐5‐12
設立年 1889年7月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用