日額型医療保険の評判を紹介【プルデンシャル生命編】

日額型医療保険の評判を紹介【プルデンシャル生命編】

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険比較マニュアル【日額型の保険会社まとめ】  >  日額型医療保険の評判を紹介【プルデンシャル生命編】

プルデンシャル生命

ライフプランナーによるコンサルティングが強み!

プルデンシャル生命は、世界最大級の金融サービス機関である「プルデンシャル・ファイナンシャル」の一員として1987年に設立された会社です。生命保険大国と呼ばれる日本市場で、“ライフプランナーによるコンサルティングセールス”というビジネスモデルを導入して多くの人から支持を得、成長を続けています。

プルデンシャル生命のキャプチャ

引用元:プルデンシャル生命
http://www.prudential.co.jp/

プルデンシャル生命の特徴

人生に寄り添う“生涯のパートナー”の存在

プルデンシャル生命の特徴はやはりライフプランナーの存在。“生涯のパートナー”として人生に寄り添える存在であることを目指しています。保険商品は、すべてプランナーによるオーダーメイド。人生設計や希望を聞いたうえで、大切な家族や会社を守るために必要な保障を提案してくれます。また、契約後も結婚、出産、転職、子どもの独立など、ライフステージの変化に合わせて最適なコンサルティングを行なってくれます。

高い資質と知識を備えるライフプランナーが3,800人以上!

プルデンシャル生命では、プルデンシャル・ファイナンシャルで135年以上にわたり培った豊富なノウハウに基づく独自の実践的教育システムで、ライフプランナーをプロフェッショナルに育成。高い資質と知識を備えるライフプランナーは、常に自己研鑽に励み、生命保険のプロとして提供するサービスの質を追求しています。たった15人でスタートした会社ですが、今や3,800人を超えるライフプランナーたちがサービスを提供できる体制となっています。

プルデンシャルだからこそ実現した日本初のサービス!

プルデンシャル生命が日本で初めて提供したサービスがあります。それは、「リビング・ニーズ特約」「保険金即日支払サービス」「骨髄ドナー給付『ドナー・ニーズ・ベネフィット』」。リビング・ニーズ特約とは、被保険者が余命6ケ月以内と判断される場合、存命中に死亡保険金を支払うサービス。また保険金即日支払サービスとは、万が一の事態が生じたとき、死亡診断書コピーと簡単な請求書だけで保険金の一部をすぐに支払ってくれるサービス。そして骨髄ドナー給付サービスとは、血液難病患者に骨髄等を提供するため、手術を受けたドナーに対して付加されている解約返戻金抑制型入院保険(一時金給付型)等の各種医療保険・入院保険あるいは無解約返戻金型入院特約(一時金給付型)等の特約から疾病入院一時金等を支払ってくれるサービスです。

プルデンシャル生命の医療保険はこんな人にオススメ

プルデンシャル生命は世界最大級の金融サービス機関「プルデンシャル・ファイナンシャル」のグループ会社です。

プルデンシャル生命は以下のような人におすすめです。

  • ・保険の専門家と共に自分に適切な保険プランを選びたい方
  • ・手厚い保障内容を求めている方

プルデンシャル生命は、ライフプランナーによるコンサルティングセールスを始めて導入した生命保険です。

そのため、専任のライフプランナーが家まできて、懇親的にヒアリングをし、あなただけのオーダーメイドの保険プランを提案してくれます。

また、余命6ヶ月以内と診断された場合に存命中に保険金を支払ってくれる「リビング・ニーズ特約」や万が一の時に保険金の一部をすぐに支払ってくれる「保険金即日支払サービス」など、独自のサービスも充実しています。

保険のプロと共に、じっくり考えて保険を選びたい方におすすめなのが、プルデンシャル生命なのです。

「日額型保険」と「実費補償型保険」の違いを知っている?

日額型医療保険は契約時に補償額が決まるため、入院日数で給付金が決まってしまう保険です。

そのため、内容によっては、入院期間が長いとその費用を全額でもらえないケースがあります。

一方、実費補償型保険は実際にかかった費用を補償する保険のため、実際に発生した費用をすべて支払ってくれる保険です。

近年、入院費用の自己負担が増えており、特に入院した際の食事代と居住費が値上がりしていっています。

そのため、医療保険の知識が少なく、尚且つ割高な保険料を懸念している人ほど、シンプルで保険料が少額の実費補償型医療保険に加入する必要があるのです。

実費補償型医療保険は更新の度に保険料が上がってしまうため、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなるといったデメリットがあります。

しかし、若いうちは月の保険料が平均1,000円ほどで済み、また実際に発生した費用をすべて支払ってくれます。

「実費補償型保険」を
詳しく見る

代表的な保険商品を紹介

解約返戻金抑制型入院保険

特徴

入院の初期にかかる費用や、所定の三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による長期の入院に備えるための医療保険です。

給付金の種類・特約など

  • 災害・疾病入院一時金
  • 三大疾病継継続入院給付金
  • 死亡給付金

保険加入者の口コミ

自分に適切なプランを提案してもらえたようです

プルデンシャルのプランにメリットを感じ、念のためFPにも相談しました。結果、保険料は少し高額ながら、その分保障内容も手厚く、今後の収入アップも見越せば適切なプランだということが分かりました。おかげで迷いなく加入を決意できました!

ライフプランナーが最適なプランを提案してくれました

専任ライフプランナーが家まで来てヒアリングをしてくれ、そのうえで自分にぴったりのプランを提案してくれました。手軽に入れる生命保険にはない安心を感じました。自分の人生を保障してもらうのだから、信頼関係を築ける保険会社が良いですよね。

コンサルティングがしっかりしているのは良いと思います

プレデンシャル生命はコンサルティングに力を入れているようです。口コミで学びました。長い人生を付き合っていく生命保険会社ですから、無料でコンサルティングを受けてしっかり人生プランが立てられるのはうれしいですね。

営業の方がとても感じよかったです

昨年結婚し、約3ヶ月後に子どもが生まれる予定です。保険のことを真剣に考えはじめるきっかけとなり、友だちに相談したところプルデンシャル生命の人を紹介してくれました。その方は自分同い年で、評判どおりとても好感を持てる人柄。安心してお願いできました。

保険料は少し高いけど、保障内容がとても手厚い保険

それまで保険への興味なんてなかったものの、プルデンシャル生命の営業担当者に説明されたことがきっかけで、改めて保険について考え始めました。色々と検討した結果、保険料は高めになるものの、それに見合った保障内容で、将来的にメリットの大きな保険だと思いました。

顧客にとってベストな保険プランを提供してくれる

学生時代の友人が、プルデンシャル生命の営業マンをしています。2年ほど前から彼に保険のことを相談していますが、親身になって話を聞いてくれるだけでなく、ライフスタイルの変化に合わせた保険プランの見直しについても適切なアドバイスをくれて、とても感謝しています。

保険料は高めだけど、保険の質や万が一の際のサポート力は抜群

プルデンシャル生命の保険は、その保障内容や緊急時のサポートに優れていると思います。ただし保険料は割高です。その為、私がプルデンシャル生命に決めた理由は、単に保険の内容だけでなく、担当者がどれだけ私にとって有益かという点でも納得できたからでした。

保険料が高かったけれど営業担当者の好感度はもっと高かった

一年前に結婚して、数ヶ月後に第一子が生まれる予定の29歳男性です。家族ができてから、保険について考え出した時に、友人からプルデンシャル生命の営業マンを紹介されました。僕と同い年でありながら、事前に聞いていた評判通り、とても好感が持てる人でした。

プルデンシャル生命の営業対応

超一流の営業マンがそろう業界トップの営業力

プルデンシャル生命の営業対応の特徴として、まず挙げられるのが「ライフプランナー」と呼ばれる営業担当者の質の高さです。 プルデンシャル生命では、そもそも営業担当者として新卒採用を行っていません。つまり、プルデンシャル生命のライフプランナー全員が中途採用で、しかもその採用方法は原則として他社からのヘッドハンティングがメインです。そのため、プルデンシャル生命のライフプランナーには、様々な業界のトップ営業マンも多く、彼らの働きによって、業界トップレベルの顧客満足度を獲得できているのです。 また、プルデンシャル生命の保険商品は、保険料が高いとも言われています。しかしその分、保障される額も大きく、プルデンシャル生命は常に高品質の商品を適正価格で提供する保険会社とも言えるでしょう。決して割安ではないからこそ、保険加入時にはしっかりと内容について説明し、顧客自身が本当に納得した状態で契約に臨めるようサポートしてくれますます。 それらを踏まえると、プルデンシャル生命が営業に最高の人材を求めるのも当然の流れといえるでしょう。

プルデンシャル生命の
会社概要

事業会社名 プルデンシャル生命保険株式会社
本社所在地 東京都千代田区永田町2‐13‐10プルデンシャルタワー
設立年 1987年10月

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用