医療保険の解約返戻金の知っておきたいポイントとは?医療保険の基礎知識Q&A

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険の基礎知識  >  医療保険の解約返戻金の知っておきたいポイントとは?医療保険の基礎知識Q&A

解約返戻金がある保険ってどんなもの?

内容をよく知っておくことで活用方法を決められる解約返戻金つきの医療保険

解約時に、契約内容に基づいた金額が返ってくる保険は、契約年数や返戻率が気になるところです。「医療保険に加入するからには、解約返戻金にも期待したい」と、そう思う方は、解約返戻金の内容を確認しておきましょう。

医療保険の解約返戻金とは?

医療保険の解約返戻金とは、死亡してしまった場合や、契約期間中の途中で何らかの諸事情が発生し、保険を解約した場合に支払われるお金のことをいいます。

積み立て型の養老保険や終身保険には、解約返戻金がついてるものがほとんとです。養老保険や終身保険は、契約年数が長期に渡るため、返戻率が高めに設定されています。契約満期時にまとまったお金が戻ってくるところが、この保険の特徴的なところだといえます。

解約返戻金つき医療保険は契約してから年数が経つにつれ、徐々に返戻率があがっていく仕組みになっています。そのため、早い段階で解約返戻金を解約してしまうと、返戻率が低くなり貰える金額もわずかとなってしまいます。

解約返戻金つきの養老保険や終身保険は、契約から10年未満であれば、戻ってくる金額が払い込んだ保険料の7割程度、20年未満であっても8割程度。契約満了時にやっと10割を超えるものが多いです。

保険の種類もさまざまなものがありますので、解約返戻金の上昇率もしっかり掴んでおくことも大切なポイントとなります。

医療保険の解約返戻金には種類が2つある

解約返戻金つきの医療保険は大きく分けて次の2つです。

  1. 低解約返戻金型
  2. 従来型解約返戻金

解約返戻金の額を低くおさえることで毎月の保険料を低くした低解約返戻金型と、解約返戻金も毎月の保険料も従来と変わりのない従来型の2つです。次で詳しく見ていきましょう。

1.低解約返戻金型

老後にまとまった収入を得たいけれど、毎月かかってくる住宅ローンや教育費などで、なるべく保険料は安く済ませたい。そんな人には、低解約返戻金型の医療保険がおすすめです。

将来に対しての資金より、契約期間中の生活を重んじる人にこのタイプの保険は向いているといえます。低解約返戻金型の医療保険は契約満了時に支払う保険料が通常の70%と低く設定されているうえ途中解約ができない、もしくは返戻率があまりに低いため解約しにくいといったところがデメリットな点となるところです。

しかし、そのぶん毎月の保険料が低くなるといった点がメリットとなります。どちらを優先するかが、この保険を選ぶ決め手となります。

2.従来型解約返戻金

契約期間中の長い生活を営む途中で何がおこるかわからず不安な人、また保険を選ぶなら、貯蓄性を兼ねたものを選びたいといった人には、従来型解約返戻金の医療保険がおすすめです。貯金が苦手なので貯蓄性を重視したい人にこのタイプの保険は向いているといえます。

この保険の最大のデメリットが毎月の保険料が高くなってしまうというところです。しかし、契約途中期間中で解約しなくてはいけなくなったときは、それまで支払った保険料からその年の返戻率で算出した金額が戻ってくる仕組みとなっています。解約の縛りがなく、何かあったときの保障がついてくるので人生設計が立てやすいといったところが、この保険のメリットとなります。

医療保険の解約返戻金制度のメリットとデメリットとは

次に医療保険の解約返戻金のメリットとデメリットについて解説していきます。

<解約返戻金のメリットについて>

1.まとまったお金が手に入る

医療保険の解約返戻金を契約している人の中には、終身保険としてこの制度を利用し、残された家族のため少しでもまとまったお金を残してあげたいという人が多いです。

また、子供が大きくなったときの教育資金のためであったり、今後生活していくうえで、何らかのまとまったお金が必要になったときのためにといったような貯蓄を重視した考えに基づく人には、この制度は大きなメリットとなるでしょう。

2.死亡保険金がついてくる

医療保険の解約返戻金は、基本的に死亡したときにもらえる死亡保険金がついています。いわゆる終身保険となるわけですが、死亡保険金はある一定期間を過ぎると、これまで支払ってきた解約返戻金の保険料を上回るケースがあります。

終身で貯蓄を検討している人には、ぴったりな制度だといえるでしょう。

3.契約者貸付や自動振替貸付制度がある

契約者貸付とは簡単にいうと、契約した解約返戻金の範囲内で、保険会社から借金をすることができる制度です。もちろん利子をつけて返済することにはなりますが、いざという時に頼りになる制度です。

また自動振替貸付制度は、加入者の保険料の支払いが止まってしまった時に、契約した解約返戻金の範囲内で、保険会社が保険料を立て替えてくれる制度のことをいいます。

毎月の支払い口座の引落が滞り、知らない間に保険の契約が失効していたという事態を回避することができます。ただし、自動振替貸付制度も借金ですので、いずれ利子をつけて返済しなければいけません。

<解約返戻金のデメリットについて>

1.毎月の保険料が高い

毎月の保険料が掛け捨てタイプのものより高くなるというのが、解約返戻金の医療保険の最大のデメリットです。

家計を圧迫するくらいなら、掛け捨てを選んで貯蓄を検討する人の方が多いのかもしれません。

しかし、貯蓄が苦手で解約返戻金にメリットを感じる人であれば、この制度は向いているといえます。

2.基本的に途中解約ができない

毎月の保険料を低くした低解約返戻金型の保険は、基本的に途中解約ができません。中にはできるタイプのものもありますが、戻ってくるお金はごくわずかです。

従来型解約返戻金型の保険は、途中解約できますが契約して間もない期間であったりすると、支払い金額も低いので、戻ってくる金額も少ないでしょう。

3.インフレによるリスクがある

解約返戻金の医療保険の返戻率は、契約時に支払額の何%といった具合に返戻金額を決めてしまいます。今後インフレが起こり、物価が上昇したとしても、一旦決めたその返戻金額が上がることはありません。

特に、若いうちにかけた終身保険となると、そのリスクの影響を受ける可能性は大きくなるといえるでしょう。

医療保険の解約返戻金は結局要らない?

解約返戻金つき医療保険が、必要であるか不要であるかは、その人の生活の状態などによって変わってきます。

そもそも保険会社は、どんな人にも必要でない保険商品なんて始めから作りません。解約返戻金つき医療保険を必要とする人だっているのです。

しっかりした保険をかけたいけれど、貯蓄もしたいという人、現在の生活を維持することで、精一杯なり、老後のことなんて考えられない人といった人も大勢います。

解約返戻金つき医療保険は、こういった人たちをサポートするために誕生した保険なのです。

医療保険の解約返戻金・解約するのはいつが良い?

次に解約するタイミングについて一緒に考えていきましょう。このタイミングを間違えると、せっかく賭け続けてきた保険が台無しになってしまうこともあるので、契約するときにしっかり「いつ解約するのか」というところまで計画しておく必要があります。

通常どの保険会社にも、解約返戻金つき医療保険の早見表というものがあります。この早見表を見れば、経過年数、年齢、払い込み保険料累計、そして返戻率がわかりますので、これを使えばいつ解約するのか計画が立てやすくなります。

例えば、子どもの学資保険の代わりに利用する場合、従来型解約返戻金型を利用します。子供が15歳か18歳になったときの返戻率が、早見表を見ればわかりますので、親の自分が病気になったときの保障と合わせて契約する方法も良いかもしれません。

また低解約返戻金型を利用して、残された家族のために資産を残す方法もあります。月々の負担

も圧迫せず死亡保険と合わせた解約返戻金であれば、満足のいく資産を残せるはずです。

このように、解約返戻金つき医療保険を有効に利用することを目的とし、解約するタイミングを見極めしっかり計画を立てることが大切です。

まとめ

解約返戻金つきの医療保険を損得で考えず、備えるものと考えることが大切

そもそも医療保険は株や利回りを基準とする投資商材ではありませんので、損得で考えるものではありません。もし病気やケガで入院することになってしまったら、重く圧し掛かってくるのは、入院費や治療費、そして仕事ができなくなってしまうことから生じる生活費の負担です。自分だけでなく家族に迷惑を掛けてしまうことへの精神的な負担も相当なものだといえます。

こうしたダメージを補う役目を果たすのが解約返戻金つきの医療保険です。どんな人でもリスクを被る可能性はゼロではありません。そのため生活を支えるための保障として解約返戻金つきの医療保険を必要とする人が存在するのでしょう。

「実費補償型医療保険」
「日額型医療保険」
医療保険を徹底比較!