がん保険と医療保険の違いは?医療保険の基礎知識Q&A

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険の基礎知識  >  がん保険と医療保険の違いは?医療保険の基礎知識Q&A

がん保険との違いは?

医療保険とがん保険の違いとは…?

ここでは、「医療保険」と「がん保険」の違いについて紹介しているページです。がん保険の特徴をまとめながら、医療保険とどんなところが違うのかくわしく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

がん保険とは?

がんの治療に特化した保障内容のがん専用保険!

がんの治療にかかる経済的な負担を賄うための保険です。医療保険の特約でもがんに備えられるものはありますが、がん保険は主契約でがんに備えるもので、がんの治療に特化した保障内容となっています。医療保険と同様、定期型・終身型の2種類がありますが、主流なのは終身型です。

がん保険の特徴

診断・入院・手術・通院給付金が受けられる

がん保険とは、がんになった時にその治療等にかんして保障が受けられるがん専用の保険です。なぜ医療保険とは別にがんに特化した保険があるのか(ニーズが高いのか)というと、まずは日本人にとって最も不安要素の多い病気だからです。2人に1人ががんになる…、死亡率No.1の病気…など恐ろしい謳い文句をよく耳にしますね。それから、がんの治療では保険適用のない薬剤や治療を受けることが多く、高額になることが考えられます。そのため、負担が大きくなる治療の費用をしっかりカバーできる特徴となっているのです。以下に、がん保険の保障内容の特徴を4つの項目に分けてまとめてみました。

補償内容

  • ●診断給付金…がんと診断確定された時に受け取れる給付金です。まとまった額のお金をスピーディーに受け取ることができるため、がん保険を選ぶ際に最も重視される保障と言えます。
  • ●入院給付金…がんで入院した時に受け取れる給付金。入院1日あたり5,000円や1万円など保障額を選び、入院での経済的負担に備えます。基本的な仕組みは医療保険と変わりませんが、入院支払限度日数や通算支払限度日数が無制限なところは大きな違いです。
  • ●手術給付金…所定の手術を受けた時に受け取れる給付金で、医療保険の仕組みと変わりません。金額については、「入院給付金日額×規定の倍数(10倍・20倍・40倍)」で設定されているタイプと、一律10万円など額が設定されているタイプの2種類が主流です。
  • ●通院給付金…通院でのがん治療が多くなってきている昨今、通院保障を充実させたがん保険が多く登場しています。1回の通院につき5,000円や1万円など希望の金額を選べます。チェックしたいのは支払い条件。通院のみの治療でも給付されるのか、1度がんで入院していることが条件になるのかはしっかり確認しておきましょう。

がん保険のメリット・デメリット

がん保険の主な特徴、保障内容について、くわしく解説をしてきました。ここで、医療保険とは別にがん保険に加入することのメリット、デメリットを見ていきたいと思います。以下に、それぞれについて簡潔にまとめてみました!

メリット

がんと診断された時にまとまった給付金が支払われるのは大きなメリット。早い段階で一時金が出るので、希望によって健康保険対象外となる先進医療や民間医療などの自由診療費用にも充てられます。また、入院給付金の支払い限度日数が無制限なので、長期入院や繰り返しの入退院にも備えられます。

デメリット

がん専用の保険なので、他の病気での入院等には対応できません。また、契約後すぐに保障が開始されるわけではなく、一般的に契約から90日経過後に保障が開始されるのも注意点。契約から90日以内にがんと診断されても保障は受けられません。

医療保険との違い

医療保険とがん保険の違いをおさらい

これまで見てきたように、がん保険と医療保険はいろいろと異なる点があります。まず、保障の対象となる病気が違いますね(がん保険はがんのみ保障)。それから、医療保険には入院給付金の支払い限度日数がありますが、がん保険は無制限です。また、医療保険には、がん保険のように診断給付金がありません(診断時にまとまった一時金は受け取れません)。そして、免責期間の有無も大きな違いですね。

医療保険でも一応がんには備えられますが、プラスでがん保険に入っていれば、高額になりがちながん治療をしっかり賄えます。また、早い段階で出る一時金を自由診療の費用に充てることもできます。そのようながん保険特有のメリット(医療保険との違い)を考慮し、加入を検討するとよいでしょう。

まとめ

がん保険の特徴を理解し、自分に合った保険選びを!

がん保険はがんという特定の病気に対して適用される保険であり、一方医療保険はさまざまな疾病に対応できる保険です。医療保険の特約をプラスすることでがんへの保障を手厚くすることもできるので、保険を選ぶ際には特約を含めた保障の内容をしっかり確認し、目的に合ったものを選びましょう!

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用