健康保険で十分じゃないの?医療保険の基礎知識Q&A

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険の基礎知識  >  健康保険で十分じゃないの?医療保険の基礎知識Q&A

健康保険でどこまで賄える?

公的医療保険(健康保険)の役割や特徴を解説!

ここでは、公的医療保険(健康保険)についてくわしく解説しています。健康保険の役割や特徴などについて分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にチェックしてみてくださいね!

健康保険の役割

全国民が加入する公的医療保険。自己負担は3割!

健康保険(公的医療保険)は、国民皆保険制度により全国民が加入することになっている医療保険です。所得に応じた保険料を支払うことで、病気やケガの治療のために医療機関にかかった際、保険証を提示すれば3割の自己負担で診察・治療を受けることができます。また、一定額を超える治療費がかかった場合には、その超えた部分が還付される制度(高額療養費制度)もあります。

健康保険の特徴

健康保険でカバーできる費用とは?項目別にチェック!

健康保険(公的医療保険)では、病気やケガなどによって医療機関にかかったとき、その費用の一部(7割)を負担してもらうことができます。では、具体的にどんな保障が受けられるのでしょうか?以下に、医療費や入院諸経費、高額療養費といった項目に分けてそれぞれ解説してみました。チェックしてみてください。

医療費

診察や検査、処置、手術などの医療費は、健康保険が適用される項目の中で最も身近なものだと思います。また、治療に必要な薬も、対象となる医薬品の基準価格に掲載されているものであれば範囲内です。

入院諸経費

入院をするとさまざまな費用がかかりますが、費用の項目によって、健康保険の適用になるものとそうでないものがあります。適用になるのは、治療、入院、投薬等の医療費です。それ以外の、たとえば先進医療の技術料、医療費以外の諸経費(食事代、差額ベッド代、消耗品費等)などは適用外となってしまうので注意が必要です。

高額療養費制度

健康保険には高額療養費制度というものがあります。これは、月の初め〜終わりまでの医療費が高額になった場合、一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される制度です。申請方法としては、事後に手続きする方法(高額療養費を支給申請)と、事前に手続きする方法(限度額適用認定証を利用)の2種類があり、自己負担限度額は収入によって異なります。

その他

上で紹介した給付金のほかには、鍼灸、在宅療養・看護、海外療養費、出産育児一時金といった給付金が挙げられます。また、例外的に、大学病院等で厚生労働大臣の定める診療を受けた場合や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などによる異常分娩の場合なども対象となります。

先進医療

「先進医療」は健康保険の対象外なので注意!

最近「先進医療」という言葉をよく耳にしますが、これは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のこと。たとえば、高度な技術を要する外科療法や放射線療法、移植・再生療法などのほか、抗がん薬などの薬物療法、免疫療法などが挙げられます。これら先進医療については、その技術料が健康保険の対象となりません。つまり、先進医療の技術料は全額自己負担となってしまい、かなりの高額になることが予想されるのです。

医療保険でカバーできる費用

公的医療保険の穴埋め的な役割を担う民間医療保険

健康保険(公的医療保険)でカバーできる費用は主に医療費のみ。しかしその医療費も、長期の入院や通院となると、かなりの負担額となります。また、健康保険の適用から外れてしまう部分や、入院時の差額ベッド代をはじめとした諸経費、先進医療などは健康保険の適用対象外となります。ここをカバーするのが、民間医療保険です。民間医療保険は、公的医療保険の穴埋めの役割を担っていると言えるでしょう。

まとめ

健康保険で賄えない費用をカバーできる医療保険を選ぼう!

公的医療保険(健康保険)の制度を知ることで、民間医療保険の役割・重要さというものが改めて見えてきたと思います。病気やケガによる手術・入院などの事態はいつ起こるか分かりません。いざという時に困らないために、自分に合った医療保険をしっかりと選んで備えておくことが重要です。

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用