生命保険会社と損害保険会社でどう違うの?医療保険の基礎知識Q&A

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

HOMEホーム  »    >  医療保険の基礎知識  >  生命保険会社と損害保険会社でどう違うの?医療保険の基礎知識Q&A

生命保険と損害保険の違いは?

「生命保険」と「損害保険」の違いを分かりやすく解説!

ここでは、医療保険にかんする基礎知識の一環として、「生命保険」と「損害保険」の違いをくわしく解説していきます。知っているようで知らないこの2つの違い。ぜひチェックして保険選びの参考にしてくださいね。

生命保険とは?

生命保険は、人に関わる保険

生命保険は「人」に関わる保険です。人生にはケガや病気、介護、死亡などさまざまなアクシデントが降りかかりますが、そんな万が一のときに、自分や自分の家族の生活が経済的に困ったりしないよう、備えておくのが生命保険というわけです。“人の命や身体には値段をつけられない”という前提から、原則として、あらかじめ決めた金額を保険金として支払う「定額払い」を採用していることがほとんどです。

損害保険とは?

損害保険は、モノに関わる保険

人に関わる生命保険に対し、損害保険は「モノ」に関わる保険です。日々生活をしていると、身体以外のアクシデントに見舞われる可能性もさまざまありますね。たとえば交通事故や地震、火災、風水害、盗難などが挙げられます。これらのアクシデントでは、車や家といった「モノ」が損害を受けます。このような損害によって生じた費用を補償するのが、「損害保険」なのです。損害保険は、事故や災害によって被った損害分だけを補償する「実損てん補」の保険となります。

医療保険とは?

生保会社も損保会社も扱える第三分野の「医療保険」

日本の保険には3つの分野があります。第一分野が1番上で紹介した生命保険、第二分野が2つめに紹介した損害保険。そして、第三分野にくるのが医療保険です(介護保険、傷害保険も当てはまります)。生命保険は生命保険会社が、損害保険は損害保険会社が取り扱うことになっている一方で、第三分野の医療保険は生保会社でも損保会社でも取り扱いができます。保険の形態も、定額払い・実損払いの両方があります。そのため医療保険は、生保会社と損保会社それぞれが、それぞれの特性を生かした商品を多く販売しています。

生保型と損保型の医療保険の違い

「保障」と「補償」の違いがポイント!

同じ医療保険でも、生命保険会社が扱う生保型医療保険と損害保険会社が扱う損保型医療保険では違いがあります。その違いは、「ほしょう」の文字によく表れています。生命保険会社は「保障」、損害保険会社は「補償」と書くのです。保障は「支障が起きないよう保護する」という意味。一方補償は「発生した損害を補って償う」という意味があります。具体的に見ると、生命保険会社の保障では、入院1日につき1万円といったように、あらかじめ定められた一定金額が支払われます。一方損害保険会社の補償では、実際にかかった自己負担額が支払われます(上限範囲内)。生保型と損保型では、このような大きな違いがあるのです。

ニーズに応じた保険選びを

補償機能重視なら実損てん補型、終身希望なら生保型!

さて、ここまで生保型医療保険と損保型医療保険の違いについてくわしく解説してきましたが、どちらが良くてどちらが悪いということではありません。補償機能を重視するのであれば実損てん補型の医療保険を選べばよいですし、終身の保障がほしいのであれば生保型の終身医療保険を選べばよいのです。大事なのは、自分のニーズに合った保険を選ぶこと。両者の違いをしっかりと認識し、自分に合った適切な保険選びをしましょう!

「実費補償型医療保険」
「日額型医療保険」
医療保険を徹底比較!