50代男性の医療保険の選び方

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

50代男性の医療保険の選び方

三大疾病のリスクも高くなる50代は手厚い保険が安心

50代になると三大疾病のリスクも高まり、長期的な入院も想定したリスク管理が必要となってきます。

医療保険もそのような点を考慮して手厚いものを備えるのがおすすめです。

50代男性の医療保険の考え方

ガンや糖尿病で長期治療になってもカバーできるのが医療保険のメリット

50代になると子育てもひと段落し、そろそろ自分たちの老後についても考え始める時期です。日本人の2人に1人がかかるとされているガンや、生活習慣病になるリスクもぐんとあがりますし、また男性の場合女性に比べると喫煙や飲酒をする人が多く、さらにがんにかかるリスクが高いと言われています。

歳を重ねるごとに病気にかかると治療が長期になりがちで、医療保険の必要さを痛感する年代でもあります。50代で医療保険に加入する場合、保険料は若い人と比べて高くなりますが、万が一の病気やけがに備えておかなければ、高額な自己負担が続き家計が圧迫されてしまう可能性があるので医療保険でしっかりカバーしたいところです。

50代男性の主な入院原因

主な入院原因

入院確率
30.11%

出典元:生命保険文化センター『生活保障に関する調査(平成25年版)』http://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

主な入院原因についての考察

病気・入院は50代から右肩上がりとなりますが、入院の原因としてこの年代で一気に多くなるのが生活習慣病です。30代・40代と同じく糖尿病がかなりの割合を占め、脳梗塞も多くなってきます。

また、各種がんが一気に増えるのも50代男性の特徴。医療保険は、こういった生活習慣病やがんに手厚いものを選んでおくと安心できそうです。

50代男性は医療保険に
加入するべき?

死亡保険から医療保険へ

男性にとっての50代は、子どもが独立し、老後に向けて必要となる貯蓄額にもある程度予測がつきはじめる年代です。お子さんがまだ小さいうちは、残された家族の生活費や学費をカバーするために死亡時の保障を手厚く準備しておくのがおすすめですが、お子さんの独立後はガラリと状況が変わってきます。これからは夫婦ふたりの暮らしをベースとして考え、死亡保障をスリム化するとともに、さまざまな病気をケアできるよう医療保障を充実させた保険内容へとシフトしていくべきでしょう。

終身医療保険を検討する

医療保険には一定期間で満期になる定期タイプと、終身タイプがあります。定期タイプの保険料は、年齢が上になるほど高いです。これまで定期タイプの医療保険に加入されていた方は、50代になって保険の更新時期を迎えると、更新後の保険料がグンと高くなることにびっくりするかもしれません。そこで、40代から50代にかけての更新時期をきっかけとして、定期タイプから終身タイプの医療保険への乗り換えることをおすすめします。終身タイプなら定期タイプに比べて保険料を安く抑えることができ、さらに一生涯加入し続けることができるので安心です。経済不安のない快活な老後を過ごすために、50代のうちから終身タイプの医療保険を取り入れておくのは賢明な判断と言えるでしょう。

50代男性は医療保険にいくらを費やすのが妥当か

50代男性の場合、若いときの医療保険内容のように入院日額と手術給付金だけのシンプルなものだけだと、やや保障が弱いと言えます。

がんなど死亡率の高いと言われる病気にかかってしまった場合、先進医療で治療をしなくてはならない場合があります。先進医療を受けることで命が助かる可能性が上がるなど魅力的な治療ですが、費用は全額自己負担のため、膨大な費用がかかります。貯蓄だけでは到底賄いきれない費用が掛かる可能性がありますので、そのような万が一に備えて先進医療特約をつけるのがおススメです。

今まで大きな病気をしなかった方であれば、50代男性が支払う毎月の保険料は3,500円くらいから1万円くらいまでの医療保険でしっかりカバーできるでしょう。

50代男性が医療保険を選ぶポイント

50代で保険の加入を検討するなら、どんな保険でも保険料はある程度高くなってきます。終身医療保険が必ずしもお得とは言い切れません。できれば保険のアドバイザーなどに相談して、複数の保険の支払額シミュレーションを行い、慎重に比較検討すべきです。補償内容にはいろいろ違いがありますが、補償金額が「実費」なのか「日額」なのかも万が一の際の生活に大きく影響を及ぼしますので、必ずチェックしましょう。

また、50代は介護についても視野に入ってくる年頃。保険の見直しをするなら、この機会に介護特約を検討してみるのもおすすめです。

50代男性の平均自己負担額

50代男性が入院した際の自己負担額が多い順に並べると、

  • ①100,000〜200,000円未満(全体の34.9%)
  • ②200,000円〜300,000円未満と300,000円〜500,000円未満(全体の20.9%)
  • ③50,000円〜100,000円未満(全体の9.3%)

となります。

上記を平均すると227,000円の自己負担額となります。

上記①②の3つの金額帯が大半を占めているので、50代以降になると入院した際に最低でも100,000円以上の費用がかかることを想定しておかなければなりません。

また、100万円以上入院費として自己負担した人が2.3%もいますので、高額の入院費になる可能性もあることを念頭に医療保険を検討する必要があります。

1日あたりの入院費は、50代男性の場合、10,000円〜15,000円かかった人が全体の30.2%、20,000円〜30,000円未満と費用がかかった人が全体の18.6%、40,000円以上の費用がかかった人が16.3%となります。

全体で見ると、平均1日当たりの自己負担費用は22,485円となっています。

入院費を医療保険で賄えた割合

50代男性の場合、入院費を医療保険で100%賄えた、と答えている人は全体の43.2%となり、61〜80%賄えた人は18.9%、1〜20%、21〜40%賄えた人がそれぞれ10.8%となっています。50代になってくると、生活習慣病のリスクなども高まり、若いときと比べ入院のリスクも高まります。

入院費を医療保険ですべて賄えた人が4割以上いる傍ら、医療保険に加入しているのにもかかわらず、入院費の20%以下しか賄えなかった人も1割以上いることになります。できるだけリスクに備えた手厚い保険を用意しておくのがよいかもしれません。

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用