50代女性の医療保険の選び方

日額or実費?終身or定期?医療保険のキホンを徹底解説

50代女性の医療保険の選び方

心身の健康面などあらゆる不安をサポートしてくれる保険を。

更年期障害などで精神的・肉体的な負担が増えるほか、親の介護問題などの心配も出てくる50代女性。

また老後資金の心配もあり、あらゆる面で備えを万全にしておきたい年代と言えそうです。

50代女性の医療保険の考え方

更年期に入り健康面での不安を払拭してくれるのが医療保険のメリット

50代女性の場合、更年期に差し掛かり、体調不良を感じやすい年代でもあります。中年になると生活習慣病になるリスクも高まりますし、ガンの罹患率も上がります。

万が一突然入院となった場合でもすぐに退院できれば費用が高額になることはなくても、長期間入院が必要となれば、家計を圧迫するのは必至です。

40代と50代を比べると保険料がぐんと高くなりますが、50代と60代を比べるとなんと倍近く高くなる会社が多いので、老後を見据えた医療保険への加入や見直しは50代のうちに行っておくのがベスト。突然の病気でも医療保険があることで精神的にも安心して治療に励むことができるでしょう。

50代女性の主な入院原因

主な入院原因

入院確率
30.11%

出典元:生命保険文化センター『生活保障に関する調査(平成25年版)』http://www.jili.or.jp/research/report/chousa10th.html

主な入院原因についての考察

50代女性の入院の原因としては、子宮がんや乳がんといった女性特有の部位にかんするがんをはじめ、胃がんや結腸がんなど、女性特定疾病以外のがんも増えてくる傾向にあります。

また、更年期障害とも関係するのか、統合失調症での入院も少なくありません。さらに、四肢の骨折や関節症といった症状による入院も目立ってきます。

50代女性は加入するべき?

50代女性の抱えるリスク

ホルモンバランスは、女性の健康にとってとても重要な役割を担っています。閉経によってホルモンバランスの大きな変化を迎える50代の女性は、何かと体調の変化を感じることも少なくありません。50代は、子宮や卵巣などの女性特有の臓器に関わる疾病や更年期障害はもちろんのこと、糖尿病、リウマチや骨粗しょう症などのさまざまな疾患の発症率が高くなることで知られています。一方で30代から80代に至るまで女性の死亡原因でトップとなっている「悪性新生物(がん)」も、50代からゆるやかにリスクが高まっていくので、転ばぬ先の杖が必要です。

きちんと備えることが重要

結婚して家庭を持っている場合、夫の生命保険や医療保険を手厚く準備していても、妻の保険は手薄になっているケースが少なくありません。50代は健康への不安が少しずつ高まり始める時期です。重い病気にかかった場合、大黒柱である夫が現役を引退していたら、貯蓄を切り崩しながら医療費をやりくりしなければならないでしょう。最近では子供に金銭的に頼ることがためらわれる場合も多く、やはり自分の健康のことは自分で見つめ直しておく必要がありそうです。

一方で独身の方も、万が一の際に生活に困窮しないためにも日頃からの備えが大切。特定の病気を発症するとそれ以降は新たに保険契約が結べなくなることがあるので、健康なうちに医療保険を検討することをおすすめします。

50代女性は医療保険にいくらを費やすのが妥当か

50代になるとガンなど先進医療で治療をしなくてはならないケースがあるかもしれません。先進医療の場合、全額自己負担になるためそもそも蓄えがなければ諦めなければならないこともあるかもしれません。

そんなことにならないように先進医療特約を付けておくことが50代女性の場合おすすめです。毎月数百円が保険料にプラスされるだけなので経済的負担が少なく、大きな安心を手に入れることができます。

50代女性が医療保険に費やす妥当額は、4,000円~1万円くらいだと言えます。高額療養費制度を利用できますので毎月の負担額は約8万円を超えた分は免除になります。老後のライフプランなどを見据えて、無理のない負担額の保険に加入するのがおすすめです。

50代女性が医療保険を選ぶポイント

50代は、30代〜40代に引き続き、女性特有の病気を発症する方が多い時期です。保障の充実した女性疾病特約を検討することをおすすめします。保険ごとに補償内容を見比べる際は、実際にかかった「実費」のみが支給されるのか、それとも入院日数などに応じて「日額」が支給されるのかチェックしておきましょう。 また、閉経前後の女性によく起こる更年期障害も重要なポイントのひとつです。更年期障害と診断を受けていると加入を断られる保険もあるため、すでに診断されている人は注意しましょう。

50代女性の平均自己負担額

50代女性が入院した際の自己負担額が多い順に並べると、

  • ①100,000〜200,000円未満(全体の34%)
  • ②50,000円〜100,000円未満(全体の22%)
  • ③200,000円〜300,000円未満(全体の20%)

となります。

上記を平均すると237,000円の自己負担額となります。

自己負担額は上記の通り、30万円未満の人が大半とはなりますが、一方で100万円以上かかったと言う人が8%もいます。50代になると、若いときよりも大きな病気をするリスクもありますので、できるだけ手厚い保障を持っておきたいものです。

続いて、1日当たりの自己負担額は、50代女性の中で最も多かったのが10,000円〜15,000円未満で、全体の20%となっています。50,000円未満、7,000円〜10,000円未満が14%となるのですが、その一方で1日当たり40,000円以上の費用がかかったという人も14%もいます。全体で見ると、平均1日当たりの自己負担費用は20,296円となっています。

入院費を医療保険で賄えた割合

50代女性の場合、入院費を医療保険で100%賄えた、と答えている人は全体の20.5%となり、61〜80%賄えた人は25.6%、1〜20%、21〜40%賄えた人がそれぞれ10.3%となっており、41〜60%賄えた人は7.7%、81〜99%賄えた人は2.6%となっています。同じく50代の男性と比較すると、入院費を医療保険で100%賄えた、と答えている人は全体の43.2%ですので、女性のほうが男性に比べて自己負担額が大きくなっていることがわかります。

女性の場合、女性特有のガンなどのリスクも高いため、必要な特約などを考慮して手厚い保障が受けられる保険を選ぶことが大切です。

このページを見た人は、次の保険も比較しています。

保険名
(保険会社名)
                       

実費補償型医療保険
(AIG損保:旧富士火災)

AIG損保

公式HPへ

                       

ZiPPi
(ソニー損保)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション特約
先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

  • 入院治療費用保険金

オプション特約
入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円 上限120万円
入院治療費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円 上限180万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円〜2,760 830円〜1,028
保険タイプ 定期型 定期型
申し込み方法 店頭申し込み可ネット申し込み可 ネット申し込み専用
保険名
(保険会社名)

実費補償型医療保険HPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院治療費用保険金
  • 入院諸費用保険金
  • 入院医療保険金および 手術医療保険金

※3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

オプション補償

先進医療費用保険金(宿泊費は1泊につき1万円が限度)、通院医療保険金(日額)、回復支援費用保険金、特定疾病の保障、ガン入院保険金(日額)、ガン入通院治療費用保険金、特定疾病診断給付金、女性特定疾病入院一時金

入院治療費用保険金
※1回の入院に請求可能な上限
上限120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
1,770円~2,760
保険タイプ 定期型
申し込み方法

店頭申し込み可

ネット申し込み可

保険名
(保険会社名)

ZiPPiHPキャプチャ

公式HPへ

基本補償
  • 入院時治療費

オプション補償

入院時差額ベッド代(6,000円または12,000円まで)、入院時諸費用(入院1日につき1,000円)、先進医療(2,000万円まで)

支払い限度額
※1回の入院に請求可能な上限
120万円
入院諸費用保険金
※プランによって違いあり
上限500万円
基本補償の保険料
※20代男性の場合(月額)
830円~1,028
保険タイプ 定期型
申し込み方法

ネット申し込み専用